Off

知らないと損する外壁塗装についてのあれこれ

by admin on 2015年5月26日

外壁塗装はなぜ重要なのか

外壁塗装というと外壁をきれいにするという認識の人が強いようですね。それはそれで間違いありません。ですが、外壁塗装には、それ以上に住宅を劣化から守るという大きな役割を果たしているのです。特に木造住宅の場合は、住宅を支えている躯体は木材でできていますが、この木材は湿気に弱いのです。外壁がひび割れたり、防水性がなくなれば壁内部に湿気が入ってしまい、木材にカビが生えたり、最悪の場合にはシロアリが発生してしまうのです。

どのくらいの費用が掛かるの?という疑問

外壁塗装をする場合に気になるのはその費用ですね。何度も外壁塗装をしたことがある人もまれにいますが、そういった特別な人を除けば外壁塗装の費用についてはあまり普段から気にしていないはずです。実は外壁塗装にも塗料の種類があり、質のいい塗料を使うか、安い塗料を使うかでその費用は全く変わってきます。安い塗料で安い費用で済ませたい場合は、平均的な大きさの一戸建て住宅であれば40万円から50万円で全塗装をすることが可能です。逆に高い塗料だと100万円ぐらいの費用はかかるのです。

塗料の価格の違いってなんだろう

塗料には種類がありますが、その違いって一体何でしょうか。高いお金を出して外壁塗装をするのであれば最低限その違いは知っておきたいところですね。違いを一言で言うと耐久年数の違いです。安い塗料は耐久年数が7年から10年ほどですので、10年経つか経たないかぐらいにもう一度塗装をし直さなければならなくなりますが、高い塗料は耐久年数が20年ほどです。塗装の初心者であればまずは安い塗料を試してみるのがいいかもしれませんね。

鎌ヶ谷は、東京にも近いので、この街に一軒家を建てて暮らしている方が増えています。そんな、一軒家の外壁塗装なら鎌ヶ谷です。やはり、地元業者での塗装が一番手軽で便利です。

Comments are closed.