Off

賃貸物件選びで重要な三つのポイントとは!?

by admin on 2015年6月18日

立地条件をよく見ておこう

賃貸物件というのは、主に三つの要素から成り立っていると言えます。まず一つ目としては、立地条件です。立地条件と言うと、たとえば駅から徒歩何分の距離にあるとか、はたまた都心へのアクセスのしやすさだといったことばかりではなく、近くにスーパーやコンビニがあるかなどといった周辺の環境についても含むものです。部屋探しをするとき、どんなところを基準にすればよいかわからなかったりしますよね。そういう場合は、まず立地条件というものを見てみるようにしましょう。

築年数もチェックすべき項目

それから、築年数のチェックも怠るべきではありません。賃貸住宅の価値を決定づけるものとして、築年数は重要なファクターとなります。もちろん、築浅の物件は需要も高く、人気もひとしおですが、築浅の物件だけでなく、築年数の深い物件というものもよく見ておくべきです。一見、築年数が深いとどうしても敬遠しがちですよね。でも築年数が深いと、逆に内装に手をかけてリフォームをしていたりなど、思わぬ掘り出し物物件も多い傾向にあるので、しっかりチェックしておきましょう。

やっぱり家賃はいちばん重要

それから、やはり家賃は見ておかなければならない項目ですね。といっても、家賃については自分の懐との相談ということになりますから、家賃というものを考える時には、自分の支払い能力の限度を知っておく必要があります。高望みをし過ぎれば家賃の支払いに汲々としてしまうし、また逆に家賃を出し惜しみしすぎれば、部屋の条件などが下がってしまいがちです。そのため最後には、自分がどんな部屋に住みたいのかということをはっきりさせておくことがいちばん大切になるのです。

港区の賃貸マンションは防犯セキュリティとしてテレビモニター付きのインターホンといった防犯セキュリティがあるので安全に暮らすことが出来ます。

Comments are closed.